足がつる・こむら返りと病気の関係

「足がつる」「体がつる」のと関係のある病気

こむら返り(足のつり)や体のつり(肩や背中など)は、ほとんどは病的なものではないようですが、病気が原因のこともあります。

 

全身がつる症状なら、糖尿病や腎臓・肝臓系の機能障害が原因の場合もありますし、足以外がつるなら肝硬変(かんこうへん)や糖尿病になりかかっている可能性もあります。

 

その他、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)、腰痛椎間板ヘルニア(ようついついかんばんへるにあ)、変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)などでもこむら返りの症状が表れます。

足がつる・こむら返りと関係のある病気

病気の種類 足がつる以外の症状
糖尿病

のどが乾く、疲労感、多尿、頻尿

 

腎・肝機能障害
胸部脊柱菅狭窄症 間欠跛行(歩くと足がしびれ、しばらくするとおさまる)、腰痛
腰椎椎間板ヘルニア 腰痛、しびれ
閉塞性動脈硬化症 間欠跛行(歩くと足がしびれ、しばらくするとおさまる)
一過性脳虚血発作

手足のしびれ、めまい、ろれつがまわらない、ものが二重に見える

 

脳梗塞
狭心症

胸の痛み、背中の痛み、のどの痛み、左肩から腕にかけてしびれたり痛み

 

心筋梗塞
甲状腺機能低下症

全身の倦怠感、食欲低下、皮膚の感想、顔のむくみ、脱毛

 

副甲状腺機能低下症
運動ニューロン疾患(筋萎縮性側索硬化症など) 舌や手足の筋、手指が細かくふるえる
筋疾患(筋強直性ジストロフィーなど) 筋力低下・萎縮、認知症状、性格の変化、白内障、脂質異常症、前頭部の脱毛など
多発性神経症 手足のしびれ、歩行困難など

 

食事に気をつけたり、体をあたためてもいっこうに改善が見られない、どうもいつもとは違う…という気がしたら、まずは整形外科、神経内科、循環器内科を受診してみましょう。